アイソウについて

戻る

会社概要

設立 昭和36年9月
売上高 23億1,800万(2006年2月期)
資本金 2,000万円(総資本30億円)
代表者 代表取締役社長 薦田 泰男
従業員数 108名 男性64名/女性44名
事業内容 ブライダル家具、リビング家具、家具とインテリア商品全般の販売並びにトータルインテリアの設計と施工

経営ポリシー

今や、環境保護と真摯に向き合うことは企業の使命です。
とくに当社が扱う家具は「木」を原材料としたものが多く、「森林資源の保護」についてはことさら関心を抱かなければなりません。
いま私たちにできることは、お客さまに少しでも永く大切に商品を使っていただくこと。そのためにも利益に先走った責任のない販売は禁物です。

当社では、アフターサービスの充実をめざし、また、総面積1万7000m2の店舗ではリビングやダイニングなど部屋ごとの提案販売を行っています。
これも家具を末永く大切にご使用いただくことを最大の目的としたものです。
実際のお部屋で使用されるのに限りなく近い状況のなかで見ていただいてこそ納得した商品を購入できるからです。
そして私たち一人一人は商品知識や地域性などすべてを理解し、ニーズを明確にキャッチし、“提案”できるスペシャリストでなければなりません。
自らの個性と、プロとしての知識と技術と感性を備えたスペシャリスト集団、それがアイソウです。


一般事業主行動計画

目標1

産後産前休業や育児休業、育児休業給付、育児中の制度の周知や情報提供を行う。

<対策>

平成28年1月~諸制度の調査
平成28年6月~制度に関するパンフレットを作成し社員に配布

目標2

妊娠中や産休・育休復帰後の女性社員のための相談窓口を設置する。

<対策>

平成28年4月~ 相談員の研修
平成28年6月~ 育児休業取得希望者を対象とした講習会の実施

ニッポンインテリアチェーン

トータルインテリアのアドバイザーとして躍進するアイソウは、日本最大の家具チェーン「ニッポンインテリアチェーン」との提携によって強い商品力と誠実なサービス体制を誇っています。
「ニッポンインテリアチェーン」は、日本全国のその地域を代表する一流家具専門店が組織するもので、アイソウは愛媛県下唯一のメンバー店です。

通称ニック、ニッポンインテリアチェーンは地域を代表する一流家具店が全国から集り、ネットワーク化された組織です。
加盟店相互の強力な連携と販売力をもって、最高の品質を誇る商品をお届けしています。
地域密着の一流専門店と全国ネット ワークが融合した、家具業界の新たなトレンドです。

トータルインテリアのアドバイザーとして躍進するアイソウは、日本最大の家具チェーン「ニッポンインテリアチェーン」との提携によって強い商品力と誠実なサービス体制を誇っています。


沿革

昭和36年 9月 愛媛県松山市木屋町に株式会社愛装を創立創業
昭和37年 6月 愛媛県松山市花園町3番地18号に本社移転
昭和43年12月 建設業登録(内装仕上工事)認可
昭和44年 6月 日本最大の家具ボランタリーチェーン協同組合
ニッポンインテリアチェーン(全国73社102店舗、年商約800億円)に加盟
昭和48年 1月 同地に本店店舗地上7階建、延床面積3,837平方メートルを新設
昭和49年 9月 愛媛県経済農業協同組合連合会の代行店となり県下一円各農協への卸業務開始とともに卸部門を併設
昭和52年 1月 伊予市に伊予店及び配送センターを新築
地上4階建、延床面積6,000平方メートル(配送センターは西日本最大規模。アメリカ式最新鋭の設備を採用)
昭和55年 3月 他社に先駆けてシステム収納家具等の設計施工業務を開始
昭和58年 4月 家具小売業界としては全国で初めてのコンピュータオンラインシステムを導入
昭和58年 5月 本店6階にシステム収納家具をはじめ食堂、居間、寝室のモデルルームならびにインテリア相談室を新設
昭和59年 2月 称号 株式会社アイソウに変更
平成 2年 8月 伊予店1期増設、南店に名称変更
地上6階建、延床面積9,000平方メートル(2,700坪)
本社事務所を伊予本店6階に移転
平成 6年 7月 南店2期増設工事にともない、伊予本店に名称変更
延床面積12,000平方メートル(3,600坪)
平成10年3月 伊予本店リフレッシュ改装
平成12年3月 アイソウメガモール伊予本店、3期増床工事
延床面積17,000平方メートル(5,000坪)
インショップをはじめ多彩な生活提案型フロアを展開
超大型家具専門店としてリニューアルオープン
平成19年9月 「エコインテリア アイソウ松山店」から「カーサアイソウ」に店名変更
平成19年11月 伊予本店増築オープン
平成25年9月 アイソウ松山店から「STYLE LABO」に名称変更
平成26年11月 「STYLE LABO」からアイソウ松山店に名称変更

社長挨拶

あなたは自分の中にいくつの抽出(アイデアの泉)を持っていますか。

新しいモノの売り方、新しい店の在り方、新しい事を考え、提案してくれる抽出(ひきだし)をたくさん持った個性に出会いたい。
さあ抽出を開けて、これからのアイソウを一緒に創っていってください。

夢の店「アイソウ」を一緒に築いていきたい。

「常にお客様の声にお応えできるアイソウでありたい。」
昭和36年の創業以来、私たちは変わらない思いで、お客様とともに歩んできました。家具を購入するきっかけをイメージしてみてください。入学、就職、結婚、出産、マイホーム新築など、人生の節目が多いことに気づくはずです。
最近では自分のスタイルを表現するアイテムとして家具を求める人も増えてきました。

また、家具・インテリアは夢のある商品で、喜びや感動を与えたり、人生を豊かに彩ってくれたりする力も持っています。いずれにせよ、お客様にとって満足のいく家具と出会いは、非常に大きな価値あるものです。私たちの仕事とは、その価値ある出会いをコーディネートすることです。

アイソウは時代とともに、売場を拡張し、リニューアルし、新しいことに挑戦しながら時代時代のニーズに合った「夢のある店」づくりに取り組んできました。
ライフスタイルやニーズの多様化が進むなか、これからもアイソウは常に新しい魅力を提供できるよう進化し続けなければなりません。

社員のみなさんには「運命の一脚に出会えるという価値」に誇りを持って、仕事に取り組んでもらいたいと思っています。
10年後、20年後…のアイソウの「夢」をともに描いていきましょう。

株式会社アイソウ代表取締役社長
薦田 泰男


アイソウのこだわり

私達の社会が抱える様々な課題。
高齢化社会への対応や福祉・介護問題、環境保護などは、私達にとって疎かに出来ない重要なテーマです。かねてより注目される「健康・安全・環境」をテーマにしたエコファニチャーの取扱いを開始、今日に至っています。
例えば、化学物質を一切使わない健康家具や、角を滑らかにすることでお年寄りの方やお子様にも安心してお使い頂けるテーブルなど。
加えて以下のように、店内でお客様にじっくりお選び頂ける様々なサポートをさせて頂いております。

お客様の声から生まれたサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ