ギャッベ展を開催!

戻る
2019.2.8

G-1

2月9日(土)10日(日)11日(月祝)午前10時~午後7時半

ギャッベとは遊牧民が家財道具として作る手織りじゅうたんのこと。草木で染めた鮮やかな糸を使い、「家庭円満」や「健康」「繁栄」など祈りをひとつひとつのモチーフに込め自由に織り描きます。

四国最大級の品揃え。総出展数約200点!

鮮やかな色合い 自然の風合いから、いま人気急上昇中のギャッベ。
あなただけの逸品がきっと見つかる特別な3日間をお届けします。

01-2_R

ひとつひとつ手織りで、同じものはふたつとないギャッベ。高額な商品ですが、その機能性はお値段以上。

①冬ポカポカ・夏サラサラ オールシーズン対応

高原の厳しい環境に耐えるヒツジは、ウールによって、冬は寒い空気から身を守り
夏には暑い空気を遮断します。その毛から作られているので冬暖かく、夏はさらっと涼しいのです。

②日本にぴったり

ウールは吸湿率がとてもよい素材です。室内の湿気を取り込むため、高温多湿の日本の気候に適しています。また、染料は各地に自生している草木が使われます。自然の色合いなので不思議と畳のお部屋とも相性がよく、日本のお部屋にぴったりです。09-1_R

③お手入れ簡単、掃除機OK

しっかり高密度に編まれたじゅうたんなので、ほこりやペットの毛などが中まで入りにくい。汚れが中まで入り込まないので普段のお手入れは、週に一度掃除機をかけるだけで十分です。

元は家財道具。外で使うことを想定した作りなので、丈夫に出来ています。

IMG_1125_R

祈りを込めたモチーフ

歌を口ずさみながら、話をしながら、日々の願いや美しい風景を思い浮かべて、何万回も手織りして、ギャッベが出来あがります。
ひとつひとつの柄やモチーフには、それぞれ意味があり願いが込められています。

遊牧民の込めた思いを会場で感じてください。

[一例]

 

G-2

お買い得品多数。決算大特価セールを開催します!

一品物ですので、品切れの際はご容赦ください。

2016-175_R

2月9日(土)10日(日)11日(月祝)午前10時~午後7時半 伊予本店5階

案内状をお持ちのお客様は、ぜひともご持参くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ